当クリニックの特徴

当クリニックの治療特色 New

 1人の担当医による一貫した治療計画

複数の医師が様々な治療方針を患者さまに提供するとき、多くの患者さまは混乱されることが多くなります。当クリニックでは、院長が全ての検査結果を詳細に分析し、患者さまごとの治療計画を立て患者さまの意向を聞きながら行っていきます。

これは一般不妊治療・体外受精を含む高度生殖医療においても同様です。

不妊治療から妊娠・出産までの管理

当クリニックの理念として、不妊治療は単に妊娠するという医療ではなく、その延長線上にお産さらには育児があると考えています。
つまり妊娠することがゴールではなく、安全な妊娠・分娩管理のもとお母さんの腕の中に赤ちゃんを抱き、健やかな育児を行えることがゴールであると考えています。

そのために我々は、近隣の総合病院、産科開業医・小児科開業医の先生方との連携を密にとりながら出産・育児までをトータルで見据えた質の高い医療を目指し、妊娠されてからの患者様に安心感を与えられるようお手伝いしていきます。

自然妊娠への取り組み

内視鏡下手術は身体に優しい手術法として近年めざましく進歩しており、婦人科領域での不妊症に対する手術は、機能温存術が主体であることからもその有用性は認知されております。

当クリニックではその必要性があると考えられる患者様に対しては治療選択肢の1つとして内視鏡(腹腔鏡・子宮鏡)下手術をおすすめしております。

子宮近くの卵管が狭窄あるいは閉塞している場合には、子宮鏡(軟性鏡)下卵管通水形成術を行い良好な成績を収めております。

比較的年齢層の若い患者様方における排卵障害・卵質低下に対する取り組み New

外来治療における超音波診断を精度よく行っていくと、比較的年齢の若い方々においても卵質の低下をきたしているのではと疑うケースも多くみうけられます。これには、器質的疾患として子宮内膜症や多嚢胞胞性卵巣症候群(PCOS)が代表的なものとしてあげられますが、これら以外にも散見されます。

卵巣内において原始卵胞から卵子形成過程で何らかの不備があり、良質な卵子形成が出来ないと考えられますが、原因がはっきりしません。このようなケースに対して指標となるデータはあまりなかったのですが、当クリニックの新たな取り組みとして「酸化ストレス・抗酸化力」を測定し、必要があると判断した場合サプリメントや漢方療法にて良好な体質改善をはかるようにしています。

高次医療施設との連携と男性不妊専門外来

当クリニックは、京大病院・関西医大枚方病院と連携をとり医療行為を行うことが可能です。

また、男性不妊においては、平成24年11月より関西医科大学泌尿器科 男性不妊専門医を招聘し当クリニックにおいて男性不妊外来を行っております。
全身麻酔や入院を必要とする開腹手術や腹腔鏡検査・施術は、美杉会男山病院のオープンシステムの利用や高槻市の第一東和会病院を紹介しております。

不妊カウンセリングと胚培養士相談室

当クリニックでは、不妊カウンセラーによる相談室を開設しておりますので、お気軽にご利用ください。

また、胚培養士による相談室も開設しております。
体外受精セミナーを受けたあと、治療を行うにあたっての質問や、体外受精治療内容の説明や治療のご相談にお答えしております。

女性のライフサポート外来

新クリニック移転を機に、当クリニックは新スタッフを迎え、女性の生涯を通してサポートするための「婦人科外来」を新設しました。

また、平成29年6月からは新たに「思春期外来」を開設し、思春期から更年期まで一貫してサポートできる態勢を整えております。

子宮頸がん検診・子宮体がん検診、及び婦人科特有の子宮・卵巣疾患もチェックなどをはじめ、未婚女性で生理周期に起こるいろいろな悩み、出産後から更年期にかけてホルモンの変動によって起こるいろいろな悩みに的確迅速に対処し、快適なウーマンライフを過ごしていただけるようサポートしていきます。

地元交野の方々はもちろん周辺沿線の方々も、非常に便利な立地にありますので、どうぞお気軽にお電話・ネット予約でご利用ください。

先頭へ戻る