2018.01.15

思春期外来について

 皆さん初めまして。

2017年6月より思春期外来を担当しています山下衣里子です。 

思春期外来について少し今日はご説明したいと思います。

 女性は一生に約450回生理があると言われています。

「女性=生理がある」ということは当たり前のように思われがちですが、 

生理周期におけるホルモンの変動に伴って、 気分や体調の変調が起き、生理中は痛みを伴い

生理周期に応じて記銘力や運動能力のパフォーマンスに差が出現し、 

本当に大変なことが毎月起きています。

.

そんな中で、思春期世代は試験や受験、部活や大会、修学旅行などといった機会も多いので、 

生理痛はあっても当たり前ではなく、うまく付き合う方法をぜひ知ってほしいなぁと 

常々産婦人科医として思っていました。.

.

症状があって、外来に相談に来てくれる人には説明ができるけれども、 

大半は産婦人科受診を躊躇する年代。

.

悩みはあるけどなかなか受診できない人にも何か関われたらと思うようになり

3.4年前から枚方市交野市を中心として中学校・高校で思春期教育をするようになりました。 

.

が、やはり限られた時間で、

私一人対一学年全員の生徒といった講演だと、

種々多様な悩みへのanswerを伝えきれないジレンマもありました。 

.

そんな中、ちょうど思春期世代の娘の胸が大きくなってくるという我が家の事件がありました。

いうてる間に生理がくるなぁと話題になり、

ふと実際私が今の職種でなかったら母親として娘を産婦人科に連れていくとなると

正直かなり躊躇するなと思いました。

.

まずかかりつけの小児科の先生に聞いてみようか?

産婦人科なら評判のいいところはどこだろうか?

そもそも何歳から産婦人科っていってもいいものなのか?

とっても悩みます。

.

同じ思春期の子供を持つ母親として、女性として、産婦人科医として。

なかなか大人でも敷居が高く、

なるべくなら行きたくない科である産婦人科にぜひ相談に来てもらい

今この症状が改善すればいい、というだけの治療ではなく、

今現在ライフステージのどこにおり、今いかに関わることで次のライフステージがこう変わる、

といった女性の一生を見据えたうえでの今の治療をきちんとできる場を作りたいと思い、

思春期外来を立ち上げるに至りました。

.

思春期世代は複雑で、ホルモンの変調だけでなく、そこに様々なことがからんできます。

食事栄養・姿勢・生活スタイル・家族関係・友人関係・彼氏彼女との関係・部活動・ダイエットなどなど・

.

病気だけ、症状だけにとらわれず、より広い視野で支え、

より素敵な今を送るお手伝いが出来たらいいなと思います。

ぜひ一度何かにお悩みの方は相談に来てみてくださいね。

.

トラックバック

トラックバック

コメント

コメントフォーム

先頭へ戻る