2018.01.23

ブライダルチェックのご案内

おはようございます。 山下衣里子です。

今日はブライダルチェックについての話をしようかと思います。

私は実は、医者のくせに、自身が結婚し妊娠を考えるまで、

女性であり生理があればいつか妊娠は可能だろうと軽く考えて過ごしていました。

いざ結婚したころは、日ごろの不摂生といいますか、仕事が忙しかったこともあり

生理不順がひどい状態で、

それから生まれて初めて基礎体温を計り始めようと一足発起し、

計り始めた基礎体温で高温期が持続するので妊娠が発覚した、

というエピソードがあります。

.

当院は不妊専門クリニックです。

でも、不妊クリニックというと受診する敷居が正直高いですよね。

.

結婚を考えているパートナーがいるけれども、私って本当に妊娠できる身体なのかな?

結婚してこれから妊娠を考えていきたいけれど、どうやって妊活していけばいいの?

不安なことは尽きませんが、でもまさか自分に限って不妊ではないだろう、と思って

過ごされる女性は多いのではないのでしょうか?

.

外来をしていると、受診に至るまでに結構長い年月悩まれている方が案外多いです。

もっと早くに何かわかっていたら・・・と思うことも多々あります。

なかなか実際に妊娠しないから受診する、ではなくて

ご自身の身体のことを妊活前にぜひ知っていただきたいとという想いから

当院ではブライダルチェックを下記の如く行っています。

.

ブライダルチェック検査項目

〇男性  

1、血液型検査(ABO,Rh) 

2、感染症検査

(風疹抗体価、梅毒、HBs抗原、HCV抗体、HIV1.2抗体、クラミジア抗体検査)

3、尿検査    以上3項目で16000円

別添オプション検査

オプション1、

精液検査  2500円

オプション2、

貧血、生化学、血糖検査  3000円

(ご希望の方は6時間以上の絶飲食で来院ください。お水は飲んでいただいて構いません)

オプション3、

ホルモン値検査(LH、FSH、テストステロン)  6000円

.

〇女性  

1、問診

2、内診、経腟超音波検査

3、血液型検査(ABO)、Rh)

4、感染症検査

(風疹抗体価、梅毒、HBs抗原、HCV抗体、HIV1.2抗体、クラミジア抗体検査)

5、内分泌検査、尿検査

6、子宮頸がん検診    以上6項目で28000円

別添オプション検査

オプション1、

ホルモン検査(LH、FSH、E2、PRL)  6800円

(ご希望の方は月経2-5日目の生理中に来院してください)

オプション2、

甲状腺ホルモン採血(TSH 、fT4)  4000円

オプション3、

貧血、生化学、血糖検査  3000円

(ご希望の方は6時間以上の絶飲食で来院ください。お水は飲んでいただいて構いません)

オプション4、

抗ミュラー管ホルモン検査   11000円

.

検査によって

採血できる時期や、空腹状況などが決まっているものもありますのでご注意くださいね。

なぜ採血の時期が決まっているものがあるのか、ですが

排卵も生理も妊娠のためだけのシステムですが、

毎月排卵に向けて2回卵胞の選択作業が起きています。

ホルモンバランスに異常があるときにこの選択作業がうまくいかず、

それに伴い排卵障害が起き、月経異常やなかなか妊娠に至らない原因となることがあります。

この選択作業が生理2-5日目(生理中)に毎月起きており、そこが阻害されていないかを

正確に調べる必要があるためです。

.

ご自身とパートナーの方のこれからの未来のために今の自身の健康状態がどうか、も大切ですが、

妊娠という視点からご自身の身体を見つめてみることも大切なのかなと思います。

ご興味ある方はぜひ一度ご相談くださいね。

また当院では月1回、一般不妊セミナーを開催し

当院受診歴がない方でも、一般的な妊娠に向けてのアドバイスも兼ねた説明会をしております。

HPから予約可能ですので、是非そちらも利用してみくださいね。

.

トラックバック

トラックバック

コメント

コメントフォーム

先頭へ戻る