2018.04.02

子宮がん検診・乳がん検診について

 4月2日(月曜日)

.

おはようございます。

産婦人科の山下です。

4月ですね。本当に毎日があっという間です。

今日はがん検診についてのお話をさせていただこうかと思います。

.

子宮には頸部と体部というところがあります。

.

.

子宮体部はいわゆる、妊娠した時に赤ちゃんが育ち大きくなる場所、

子宮頸部は体部をささえる部分で

外から中に感染してこないようバリアしている場所であったり、

妊娠時、まだ出産ではない時期に赤ちゃんが出てこないよう支える場所になります。

.

.

その各々の部位にがんが発生するのですが、

一般的にいわれる 「子宮がん検診」 とは子宮頸部のがん検診のことを指します。

子宮頸がんは20~40代の女性に好発する癌で、

その原因の大半はHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染によることがわかってきました。

.

HPVは主に性交渉で感染するといわれていますが、

一生のうち、9割以上の女性が一度は感染するほどの、とてもありふれたウイルスです。

基本的には感染しても自然に消えることが一般的ですが、まれに長期的に感染しがん化することがあります。

.

子宮頸がんは、初期はほとんど自覚症状がないのが特徴で、

がん検診を受けることで早期発見、早期治療することがとても大切な病気です。

.

交野市は2年に1回公費で補助が出ますので、対象年なら600円で施行が可能です。

ぜひ対象の時を利用して検診をうけるようにしてみてください。

ちなみに今年(平成30年4月~平成31年1月)の対象者は20歳以上の、和暦で偶数年生まれの方になります。

.

.

子宮体がんは子宮の体部にできるがんで、50~60代に多いとされています。

不正出血等の症状が出たりすることが多いです。

2016年の統計で女性のがんによる死亡率の部位別は第5位が乳がん、第7位が子宮体がん、第11位が子宮頸がんでした。

.

子宮頸がん検診は比較的検出率が高いのですが、

体がん検診は子宮の奥に盲目的に細い棒を入れ、中の組織を採取してくる検査になりますので

見ながら組織をとってくる検査ではない分、がんの検出率が少し下がります。

.

外来をしていると、

「生理がもうすぐはじまっちゃうし、始まる前に検査に行っておこう!」 という発想の方が多いのですが、

生理直前だと子宮内膜が肥厚していて、

病巣があったとしても場所が遠くて採取しきれない可能性が高いので

体がん検診も希望される方は特に、

「生理終わったから病院に検査に行こう!」と

生理直後の来院を検討されることをお勧めします。

.

また子宮体がん検査は、子宮の奥に器具を入れる検査なので若干痛みを伴います。

性交渉の経験がない、出産歴がない方、閉経して年月が経っている方などは施行が難しいケースもありますので、

その際は超音波検査を追加することで概ね代用できます。

.

.

.

図のように月経周期によって、子宮の中の状態(内膜の状態)が変化します。

.

子宮体がんは子宮の奥が分厚く不整に肥厚する病気なので、

月経直後の子宮内膜が薄いはずの時期に、

超音波を見て子宮内膜が異常に分厚いと子宮体がんをうたがう所見だということになり、

薄い時期にきちんと薄ければ体がんである可能性を概ね否定できると言われています。

.

.

.

公費のがん検診は通常は頸がん検診と内診のみになります。

内診だけでは

体がんかどうかはもちろん、卵巣が腫れていたり、筋腫があっても場所や大きさによってはわからなかったりしますので

婦人科臓器は問題ない!との太鼓判を押してほしいという方は

頸がん検診に超音波の検査をセットで、また来院される時期を月経直後のタイミングで来ていただくようしてみてください。

ちなみに費用ですが、超音波で子宮と卵巣の確認をする際は公費検診代と別途で3000円(自費超音波代)が必要になります。

ぜひ今大丈夫だから、ではなくこれからも大丈夫でいたいからと、

ご自身の健康に想いをはせて、きちんと検診受けてみてくださいね!

.

また昨今、本当に年々女性の乳がん率が増えています。

私も外来で紹介して、発覚する症例が年々増えてきている印象があります。

何か症状がある方、不安がある方は、

当院より提携している病院の乳腺外科をご予約させていただけますのでまた併せてご相談ください。

.

さまざまな角度から女性を支えるお手伝いができればいいなと思います!

.

.

さて、先日から新しいセミナーのご案内をしていましたが、その詳細が決まりました!

まずは6月は思春期セミナー! 

ちなみに次回9月ごろを目安に、更年期セミナーも企画予定です。 ご期待ください(^ ^♪

.

日時 6月15日(金曜日) 午前10時30分~約1時間

定員 先着20名様

費用 500円(飲み物代込み)

対象 実際に思春期で悩んでおられる方、そのご家族など

内容 思春期にまつわるトラブル、家庭内での注意点、受診のポイントなど

    最後に個別質問時間も設けますので、何かご心配な点がある方はぜひふるってご参加ください ( ^ω^ )

.

トラックバック

トラックバック

コメント

コメントフォーム

先頭へ戻る